2017-07-19

黒船レディが、明日からカフェを始めます。

IMG_4297.jpg

久しぶりの投稿で、SNSなどもご無沙汰していました。
4月に girafe を卒業した後、私はカフェを開く準備をしてました。
長年の夢だったとかではないんですけど…(そういう言い方は変ですね。)
これまでいつも側に必ず存在していて、支えてくれていた「カフェ」または「喫茶店」という空間が私のその時代時代にありました。
嬉しい時、なんでもない時、人を待つ時、辛くて誰とも話せない時、特別につくった時間、よい音楽や本やコーヒー、またお店や街に出会いに。ライブを観に、また自分が演奏させてもらう時。
誰にとっても、特別な存在というカフェ、ありますよね。
昨年父が亡くなってから色々あって、たくさんのカフェに行って考えて、いつの間にか自分でカフェをやってみる運びになっていきました。
カフェから、よい音楽や企画が生まれるといいな、と思ってのチャレンジで、まだまだお店として試運転な感じがしばらく続くとは思いますが、ここが誰かの安らぐ空間や時間になれると幸いです。


場所は、富山県滑川市の海辺、江戸時代から宿場町として栄えた滑川宿の、瀬羽町にあります、明治時代から「ぼんぼこさ」という愛称で親しまれた大きな造り酒屋「旧宮崎酒造」です。
この建物は、国登録有形文化財に指定されていて、様々なイベントや映画撮影などに利用され、今でも親しまれているのですが、カフェはこの酒造内の奥、蔵の2階にあります。

もともと4年前から蔵をリノベーションした、「カフェぼんぼこさ」として営業されていたのが、昨年3月で閉店され、
この夏から地元のNPO滑川宿 街並み保存と活用の会を中心に、シェア・カフェとして7月20日リニューアルオープンすることになりました(先日15日、16日とプレ・オープンしました)。
店名は、「cafe うみいろ ぼんぼこさ」です。
本当は、何週間も前から宣伝して、様子をお伝えすべきところでしたが、怒涛のような準備の量と、予定通りの日程でオープンできるのか?果たしてわからない状態が続いていたので、混乱が起きないよう(おっかなびっくりとも言いますが笑)、ゆっくり始めさせていただこうと思って直前の公開です。すみません。

umiiro-card-cup.jpg        umiiro-postcard.jpg


私は、黒船レディとして、週3日、木金土よう日にお店を担当させて頂くことになりました。
2015年に、しゃみせん楽家さんの「くらいぶ」にてこの旧宮崎酒造に出演させていただいたのがきっかけで、昨年は「HOWA HOWA HOUR」もここで開催させていただき、何かとご縁のある場所になっていました。
歴史の息づくこの素晴らしい街並みと、旧宮崎酒造はこの界隈のランドマーク的存在として富山県東部でも注目を集めています。
8年前から毎年開催されている、「ベトナム・ランタンまつりinなめりかわ」もすでに県内ではよく知られるユニークなイベントで、滑川市の皆さんを中心に世界に向けて発信を!、とすごく盛り上がっています。
イベント応援ページは ⇨こちら (ぜひ応援してくださいね!)

IMG_4333.jpg


シェア・カフェとしてリニューアルオープンする「cafe うみいろ ぼんぼこさ」は、蔵の奥2階にあるので、じつは富山湾が一望できる素晴らしいロケーションなんです(トップの写真もう一回みてください)!
店内は、海の淵に建つ酒蔵ですが港町なので、船の操舵室をイメージしています。
船の窓から見える、毎日の海の景色、海の色は様々です。
そして、シェア・カフェとして、いろんなカラーの店主が曜日で替わっておもてなしいたします。
なので、「うみいろ」なんです笑。


お店の売りは、素晴らしい海の眺め。
黒船レディが担当の木金土は「黒船屋」として、うみいろコーヒー、うみいろバーブティー、絶品ベイクド・チーズケーキ、週替わりのスープとカレーをご用意しています。
これは、プレ・オープンの時にお客さまが撮ってくださった写真。
「うみいろバーブティー(アイス)」は、タイ原産の青色の美しい花茶「バタフライ・ピー」です。
こんなに鮮やかな天然の青色が楽しめます。自家製うめシロップでグラデーションにしてみました。
絶品ベイクド・チーズケーキは、立山町のmukunkiさんが作ってくださってます。
一回食べたら忘れられない味です。
その他、まだまだたくさんの方がお店に関わってくださっているので、少しずつFacebookページの方でご紹介していく予定です。⇨こちら
IMG_4345.jpg

まだ自分ではほとんど写真撮れてないので、これからです(⌒-⌒; )
どんなお店になってゆくのでしょうか…楽しみです。
ぜひ遊びに来てください♪
そのうちライブやワークショップも企画します。
もちこみの企画も、ご相談くださいね。
どうぞ、よろしくお願いいたしま〜〜す。


cafeうみいろ ぼんぼこさ
〒936-0063富山県滑川市瀬羽町1680 (海側裏口) 2階
TEL : 076-476−0068
🅿️駐車場 約9台、旧宮崎酒造 裏手です。
正面からも裏からもお入りいただけます。正面からの場合は、建物の突き当たり奥の回廊までお進みください。

営業日:木金土日
open : 12:00〜日没頃まで

黒船レディは、木金土います。日曜は毎週ちがった色のカフェに!
日曜もどんなお店かチェックしてくださいね♪
詳細、変更、お問い合わせなどは、facebookページにて。
https://www.facebook.com/cafe.umiiro/

スポンサーサイト

tag : cafe

2017-04-30

girafe 春の卒業ライブ、ありがとうございました!

girafe卒業ライブ

おとといは、私が girafe を卒業の最後のライブにみなさんご来場くださり本当にありがとうございました。
ずっとこれまでのgirafeを、または私の銀星楽団の頃から応援くださっている方々だけでなく、初めてお聞きくださる人も多くて、とても嬉しかったです。
大塚 all in fun には初出演でしたが、出演者の気持ちをどんどん引き出してくれる粋なお店でした♪

セットリストは下記です。
1st
朝のきりん
October step
星に願いを
星めぐりの歌
はじめての雪
静かな春
砂よ

2nd
もう、おやすみ
おはよう春
ラムネ
小鳥の唄
蘇州夜曲
カントリーロード
さようなら
五月のサンバ
この道

bass & vocal 佐藤有介
piano 中嶋錠二
drums 秋葉正樹
vocal 水林 史

いつものおなじみの曲を、これまでのことを振り返りながら1曲1曲心を込めて演奏しました。
なんだか最後な気がしないようで、それでいて最後なのか〜と思うと寂しい気持ちもあったけれど、みんなの温かい音に、ホントに気持ち良く歌わせてもらいました。

メンバーのみんなとは東京ー富山で遠距離ながら、子育てをしながらのゆっくりな活動でしたが、いつもとても自然にいられ、楽しくいい歩みをさせてもらいました。
メンバーそれぞれがとても素晴らしいミュージシャンで、それぞれの音からたくさん刺激ももらい、6年間楽しく歌わせていただきました。
これも、メンバーのみんなと、支えてくださったスタッフ、メンバーの家族、そして、いつもライブを楽しみにしてくださっていたみなさんのおかげです。
心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました!

少し前にはメンバーにもベビーブームがあったり、リーダーの佐藤くんとは「girafeぷち」で子どもたちにも聴いてもらう機会があったり、変化も色々ありました。girafe の曲が今後もいろんな方の心にふんわりと、いい風を送れるといいなと思います。

今後の girafe と私個人の活動についてはまだ未定ですが、まだまだこれから続いていく音楽人生の中でこれからも色々なことに挑戦して、また一緒に演奏する機会もあると思うので、またその時を楽しみに進んでいきたいと思います。
これからも、どうぞよろしくお願いします😆♪

hanamizuki.png

💟追記
この日の衣装は、富山の地元の友人で染物作家の starry-eyed tomoちゃんが、作ってくれました。(写真は Ricotta Casa さんからいただきました)
またこれからの新しい世界で咲く花と、私の声をイメージして染めてくださいました。本当にありがとう!

18156017_1560782263964436_6522200776854817380_o.jpg








2017-04-01

春のgirafe「卒業」ライブ

girafe

もう、すっかり富山も春です。東京は、そろそろ桜が満開になりますね🌸
春はそわそわ、します。
これまでのことを振り返って…、これから新しく始まることを考えると。


この春のはじまりに、皆さんにお知らせしなければならないことがあります。
2011年から6年あまりボーカルを担当したgirafeを、
4月で卒業することになりました。

銀星楽団の活動を一旦終え、娘を産んでちょうど1年経ち、
新しい音楽活動の始まりはgirafeでした。
リーダーのベーシスト佐藤有介くんと、ピアニストの中嶋錠二くんをはじめとするメンバーの、本当に爽やかな風のような音に包まれる日々でした。

でも、間もなく私だけが富山県に引っ越して、東京ー富山での遠距離での活動となり、それから5年間、ライブの本数はけして多くはありませんでしたが、
子育てもしつつ(ちょっとしたベビーブームもありました)変化を感じながらマイペースに、富山でのレコーディング・アルバム制作、東京ー富山ー大分へのツアーなど、girafeでいろいろな旅、出会いに恵まれました。
そしてたくさん成長させていただきました。

これも、ひとえに応援してくださった皆さまと、メンバーのおかげです。
本当にありがとうございます。

私は、これから自分の音楽の世界を広げていくために、また新たな取り組みをしてみようと思い、girafeを卒業することになりました。
girafeを離れるのは寂しくもありますが、この素晴らしいメンバーとの共演がこれからも楽しみになるように、自分を進化させていきたいと思っています。
これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

今まで水林史ボーカルのgirafeを応援してくださった皆さんへ感謝のご挨拶をしたいという思いから、「卒業」ライブを行うことになりました。
いつかジラフのライブにいきたいなと思ってくださっている方にも、
4月28日はたっぷり楽しんでいただきたいです、是非たくさんのご来場をお待ちしております。


春のgirafe「卒業」ライブ

4/28(金)@大塚All in Fun 
http://allinfun.jp/index.php
open 18:30 start 19:30~ 2ステージ、入替なし
Music Charge 2,500円+2 order
水林史(vo) 佐藤有介(b,vo,g) 中嶋錠二(p)秋葉正樹(ds)

ご予約→以下のお問い合わせフォームよりご予約ください。
(*4/28ライブ予約希望、ご予約人数、ご連絡先をご明記ください)
http://www.asanokirin.com/inquiry

※ご予約優先となります。人数の限りがありますので早めのご予約をお勧めします。是非たくさんの方に来ていただけたらと思います。
ジラフ一同こころよりお待ちしております。

girafe ホームページ

tag : 宮沢賢治 星めぐりのうた

2017-02-15

2月

梅

今日は父の命日でした。去年の今日は大雪だったけど、
今年は本当に暖かないい日でした🌞
家族もみなそれぞれ穏やかな1日を過ごせました😌💖
一回忌を迎え、改めて、父のことを想ってくださったみなさまに
心から感謝いたします。
父が一昨年、枝垂れ桜と間違えて😅買ってきた梅、
去年は花が一輪しか咲かなかったのに、今年はこんなにたくさん❗️いい香り。
鉢植えもきゅうくつになったので、雪が溶けたら庭に植え替えようと思います。

2016-12-31

2016年もたいへんお世話になりました( ´ ▽ ` )ノ

今年もまもなく終わろうとしています。
クリスマスイブは、千代田区のネットラジオ番組「神田・神保町おさんぽラジオ」の収録でした。
富山から神保町の皆さんに向けてお話しさせていただきました。
配信日が発表されたらまた詳しくご報告いたします♪


クリスマスを過ぎても雪はわずかで、降ったらブーブー言うのに、降らなかったらつまらないのです。
なので、昨日は大掃除も途中にして、せっかく少し積もった雪で娘と思い切りソリで滑ってきました。
田舎は車社会で意外と歩かない、体をたくさん動かすのも久しぶりで、太陽の光と雪の冷たさに細胞が悲鳴をあげて喜んでいました。


今年2月に父が亡くなったのをはじめ、身の回りで大きな変化がたくさん起こりました。
また、かねてから思ってきたことを正直に、大切に、たくさん行動も起こしました。
家庭では娘の相手もしながら父の代わりもしてみて、いろいろ見えました。
そして、何より娘の成長、たくさんの新しい出会い、毎月何本かのライブも続けられたのがすごく嬉しかったです。
富山と東京を行き来して、たくさんの音楽家の友人と会場のスタッフの方々、お店のみなさん、そしてたくさんのお客さまに支えていただき、心から感謝申し上げます。


今年1年もほんとうにありがとうございました❗️


12月からはしばらく冬眠のごとく静かになりましたが、寒い時期にいろいろ準備もして、
2017年はもっと面白いこと新しいことにたくさんトライしたいと思っています。
新年はさらに変化の年になると予想😮✨
新しい自分をどんどん作っていきたいです。
そして、誰かのためにできることも、少しづつ増やしていきたいです。


お祝いのご挨拶はできませんが、2017年も、どうぞよろしくお願いいたします♪
皆さまが心から幸せで、健康で、平和な1年になりますよう、お祈りしつつ、歌っていきたいと思います。

朝焼けの剱岳


プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示