2016-02-29

うるう年、でしたね〜 2月は、いろいろありました。

うるう年でしたね。
ブログもfacebookもしばらく更新していなくて、ご心配おかけしたかも知れないです、ごめんなさい💦


先々週、父が突然亡くなりました。
66歳の若さで。
倒れたその直前まで、何事もなく元気でしたが、そんな突然というものは、やはり誰にもあるものなのですね。私も母も家族も…何だかまだ実感がわきませんが。


先にしっかり現実を受け止めたのは、娘のようでした。
いつも可愛がってくれた大好きなおじいちゃんが、急に居なくなって、私は娘になんて伝えようか…
ショックと不安に苛まれないか心配でしたが、ありのままきちんと説明しました。

命は、ずっとずっと昔のご先祖さまから、リレーのバトンをもらうように続いていて、曾祖父母に、祖父母に、父と母に、そして自分に、命のバトンが渡されたんだよ…
だから、全てなくなっちゃうわけじゃくて、体とはお別れなんだけど、命はずっと続いていくんよ。
という話をしてみていました。
すると、完全ではないかも知れませんが、

「うん、わかったよ! おじいちゃん死んじゃったけど、寂しいけど、今のおじいちゃんの、お顔の周りが綺麗な花でいっぱいで眠ってるお顔を、絵に描くよ。」

と言って、すぐさまクレヨンで描き出し、
葬儀の間じゅうずっと、それを胸に掲げて歩いている娘でした。
そして、別れの時も、素直に泣き、たくさんありがとうを繰り返していました。
私が心配したよりもずっと、しっかり受け止めている様子でした。
幼少期に、身近な人の死を私は経験していませんが、幼くても、その出来事に出会った時が試練なのであって、人は乗り越える力を持っています。パートナーをなくした母にとってもそうですが、辛い気持ちばかりにならないように、支えてあげられたらなぁ…としみじみ思いました。



父の死から、ちょうど1週間後、娘は6歳の誕生日を迎えました。
従兄弟たちも来てくれて、例年通り賑やかにお祝いしてやれました。
夏にオーダーしていたランドセルもようやく届いて、それを見せてあげられる筈でしたが…
孫娘の小学校入学をとても楽しみにしていてくれたのになぁ。
父は、既に前から孫娘の誕生日プレゼントを用意してくれていました。
父からのメッセージを、母が代筆して、孫に贈ってくれました。


そして、大人になってから喘息の持病がある私には、常々、こんな咳に効きそうなものを見つけた!と言っては、試してみろ。と、いろいろ調べたり、飲み物を作ったり、と心配してくれて。
昨日もまた、私の身体に良いはず…と購入していた健康食品が届いていました。
短気なところもあったけど、いつもさり気なく優しい人でした。


「いい加減安定した生活をしろ」と言いつつも、いつも、陰ながら私の音楽活動を応援し続けてくれました。本当に感謝しています…



私は両親とは16年離れて暮らしていましたが、子育てを期に富山へ戻り、4年間父と一緒に過ごせました。
何か特別親孝行できたわけじゃないけど、とても穏やかでいい日々を過ごして来られたのは、本当に有難かったと思います。
父が亡くなるほんの10日前、突然に思い立って家族で久しぶりに行けた温泉旅行が、不思議なくらい、なんとも感動的で、一生忘れられない素敵な思い出になりました。
山登りとスキーが大好きで得意だった父。
まだ孫たちとそれらを一緒に出来ていませんでした。私が代わって教えてあげたいなぁ。

あまりに早すぎて、まだまだ母と共にやりたい事がたくさんあっただろうけど、これまでいろんな事を乗り越えて人生を楽しんでいたから、幸せだったな、と思えています。



私が小学生の頃、激務で全く学校へは来れなかった父を、私は作文に


いつも優しく見守ってくれるお父さんは、私の太陽になったよ


と、書いた事をふと思い出しました。
ほんとに、そうなったなぁ。


これまで、父と直接、または私を介して関わってくださった皆さま、また、わざわざ温かいお気持ちをくださいました皆さま、本当にありがとうございました。
心より感謝とお礼を申し上げます。




長文になりましたm(_ _)m
次の記事では音楽の近況をご報告したいと思います♪


4月1日夜に富山でのライブの予定もありますので、また是非、遊びに来てください。
お会いできるのを楽しみにしています❗️



スポンサーサイト

2013-05-28

今日からまた新しい私

最近、娘が
「大きくなったら、おかーさんになりたい!」ってよく言う。
これまで、誰が聞いても「飛行機のおねーさん」か「アイスクリーム屋さん」だったのに。
「なんで?」って聞いたら、
「ふーちゃんがおかーさんになって、おかーさんが赤ちゃんになって、ふーちゃんはおかーさんにゴハンを作ってあげるの。」と言ってたので、(いやに現実的な感じだけど(^^;)頼もしいなーと思っていたら...


昨日また、大きくなったらおかーさんになりたい!と言うので、
またまた どうして? と聞くと、
「お歌を歌うんだー♪だからマイクがもう1つ要るんだー」
と言っていた。


少し前までは、「おかーさんがお歌うたってるのキライ!、だってふーちゃんが泣いちゃうから(みんなの前で歌ってる間は自分だけのものになってくれないから)」だったのに(^^)
とにかくおかーさんは私だけを見ててくれないとイヤ!な娘が、ちょっと成長したみたい。
娘に歌ってるのをやっと認めてもらえたのだろうか。


本当に大きくなったら何になるかはおいといて(笑)、素直に嬉しい。
私の方が成長しなきゃだわ。


今日からまた新しい私だ。
新しい私の歌を歌いたい。






2012-07-01

6月はとっても短く感じた。

DSC_0547.jpg DSC_0549.jpg


6月はあっという間に過ぎてしまった。
6月は半ばから末にかけて家の裏の川原にものすごくたくさん蛍がでて、庭や家の窓辺まで舞ってくるのだけど、今年は暖かくなるのがおそかったのと朝晩が冷えるせいか去年よりだいぶ少なかった。
それでも飛んでいるのをそっと手でつかまえて掌で光るのを愛でることはできて、今年はより虫に興味のある娘はおっかなびっくり大興奮していた。
蛍のことを毎夜考えているうちにあっという間に月日が経つ…とかって、昔も一時帰省していた時同じようにおもったけど、竜宮城みたいでこわいな。。。


そう思っていたら、裏庭の大きな ねむの木 に花がさいた。
ねむの花が咲くと夏がきた、と毎年感じていたが、十数年ぶりに思った。
上の写真、左は昨日の。右は約30年弱前の私と妹、ちょっと陽がまぶしそう。
蝉も3日前から鳴き始めた。
でも、このところ鶯も毎朝鳴く(笑)


ブログの私のペースというものは始めてからだいたい日記ならぬ月記になっているけど、
前の記事から1ヶ月以上経ってしまって、子育てを始める以前よりよけいネットから遠ざかっているなぁ…とハッしてしまう。
その代わり少し読書量が増えたからいいのだけど、あれもこれも増やすことの出来ない自分のキャパシティを思い知るとつくづく時間の使い方が下手でもったいないと落ち込んでしまう。
でも体調を崩すことはめったに無くなったのはイイコト。

それに子育てってすごく体力つかうのに、マメにブログとかつぶやいたりできる人はスゴイな~と感心してしまう。
それ以外にネットで他にもたくさんの情報を毎日チェックしているわけだから。
睡眠時間をしっかりとりたいのと自分の時間のやりくりが下手なだけだけど、子どもが傍にいる時は極力ケータイにしろPCにしろさわりたくなくて(さわられたくないし)ケータイで写真撮りたい時だけ「ゴメンよ」って。
まだまだ娘は目が離せない年齢なのと、ネットしだすと読書とか料理とか掃除してる時より自分の視野が極端に狭くなって危険なので。
読書も同じはずなんだけど、なぜか紙を見てるのとモニター見てることの違いなのかな?
それに、娘は非常によく話しかけてくるのと、~ながら応答されるのが子どもはやっぱり好きじゃないから、あからさまに邪魔してくるし。
まめにネットしない言い訳がたくさんなのは相変わらずだ…
相方氏は真逆で、いつ何時もケータイかPCでネットしている。。。無いと生きていけないっぽい。
本と漫画もそうらしいけど、娘と遊んでいる時も食事中も家外関係なくネット見ながら。
これだけはホント理解できないというかウンザリしちゃうなぁ…とボヤいているのだけど、そういう人って実は多いのだろうか?
あまりに幼いころからメディアに慣れて欲しくなくて頑張っているのだけど、片親が真逆だと意味ないかな~
しかし今娘といる時間が圧倒的に長いのは私なので。
だけど相方氏こそ、子どもと過ごす短く貴重な時間こそケータイやPCは置いておくべきなんじゃ!?と思う。
ちょっとでも遊んでやりたいと早く帰ってこようと頑張っているらしいのだが矛盾しているよ。


DSC_0544.jpg


上の写真は先日の夕焼け空。梅雨入りしてもこのところ日本海側はお天気が良かったので毎日夕焼けが美しくて、年間で曇り空の多い北陸では、今日も晴れて夕焼けが美しいとわかっていても毎日見ようとしてしまう。
今いちばん日が長いから夕食を終えた後でもたのしめるからいい。
午前中から既に気温が高くて公園で遊ぶにも長くいられないので、夕方は貴重だ。
でも庭木の水やりが欠かせなくなってくるので大変。
去年は娘が歩けるか歩けなかった頃で無理だったけど、今年は一緒にできる。
水遊びが大好きなので食いつきがいいし長続きするので私も楽なのだけど、たっぷり水やりせねばならなくなると、家の周り全てやるのに40分くらいかかってしまいちょっと呆然とする。
5m伸びるホースが4箇所もある…
さすがの娘も「もうおうちに入ろうよ!」と言う。
夕方1時間ちかく外にいるなら虫除けも欠かせなくて、外出る前にもひと手間かかる。


DSC_0546.jpg

DSC_0548.jpg

冬はこの写真の花(マーガレット?雛菊??)の背丈ほどの雪がつもっていた。
娘が昼寝の時間は家事に負われるのでネットは深夜か早朝にしか出来ないのだけど、深夜はお肌に悪いから必然と早朝になる。でも冬の朝は寒すぎて辛かった、その代わり娘も8時くらいまで寝ていたので時間はそれなりにあった。今は5時に起きてゆっくり身体を起こしお茶を入れてからネットでも…と思うのだけど、娘の身体も夏時間になっているようで7時に起きるならまだいいが、早いと5時半とかに起きてくるので私は3時に起きるようにしないと自分の時間が作れない。。。
娘と一緒に夜10時までには寝ればそれも可能だけど。
今日は3時に起きて自分の時間がつくれたが娘は5時半に起きてきた。
なので今日はここまで~。










2011-06-29

ほたる

つぶやきの切り貼りですが、改めて日記にまとめたくなりました。


先日、自分の祖母じゃないけど親戚のとても親しくしていたおばあちゃんが亡くなって
今富山帰ってます。
色々考え事しててつぶやかなかったけど元気です!


おばあちゃんは91歳で大往生とも言え…和やかであったかいお別れの時でした。
おばあちゃんの友達(かなりご高齢)が号泣していたのを見て、
どんなに歳をとっても友達っていいな~と思いました。
孫じゃないのに私や妹のことまでいつも気にかけてくれた優しい人でした。
自分の時間を家族や周囲の人々にたくさん費やしながらも、
自分がやりたいと思った事をしっかりやり遂げ、最後まで力強く生きた人だったな…



誰にも必ずおとずれる死について色々と考えたりしていました…
6月に帰省したのは上京以来初めてだけど、実家の裏庭がホタルでいっぱいです。


毎晩裏の河原でホタルが100匹前後乱舞して幻想的な眺めです。
しかも近所でも何故かうちの裏だけこんなたくさんいるんだよね…なんでだろう?
こんなに見るのは子どもの頃以来。



窓の外を流れ星みたいにホタルが通ります。
なんだか銀河鉄道の夜みたいだな…


ホタルにとって今は繁殖期でいちばん盛り上がってる時なのに、
それを眺めている人間は昔からいつもちょっと寂し気でセンチメンタルな気持ちになってしまう…
でも子どもの頃はただ綺麗でうっとりと眺め、まるでお伽話の中にいるような夢心地だった。
今もロマンチックに思える時もあるけど、どちらかというと「螢=儚い」のイメージが日本人は好きみたいですよね。


ホタルは今月いっぱいまでしか見られないみたい。
父が自慢げにホタルガーデンと呼んでる(^_^;)
一生懸命手入れしてる庭にホタルが来たらそりゃ嬉しいよね。


ケヤキの木がでっかくなって天然のパラソルになってる…その間をホタルがゆらゆら。
夏に天然のイルミネーションみたい…



家の裏庭は緑で鬱蒼としてて、雨もたくさん降って濡れてるのが美しいんだけど、
東京の自宅の庭の緑のカーテンは、相方くんが水やり忘れて戻ったら枯れてるかも…


帰省する直前、東京の自宅の庭には、珍しい「時計草」を植えたのです。
紫色の花びらで、黒い雄しべがメモリのように並び、
白い大きな雌しべが時計の針のように3本真ん中に。
本当に時計みたいな花が咲きます。
昔実家の庭で咲いてたので懐かしくて。
うまく咲くかなぁ…


まだホタルが飛んでます。
さっきの大乱舞(舞踏会?)よりだいぶ減ったけど、
お祭りの終わり際の良さみたいでいいな。


1匹が窓をノックしているみたいにガラス越しにフワフワ揺れている…
開けたら入って来ないかなぁ?


ホタルの光が虫の光なんだって娘が理解するのはもう少し先かな…


幼虫は肉食だしテレビで生態を見てるとけっこうショック受けるけどね…



ホタルって、世界中に何千種類もいるけど、
水辺に住んでるのは日本特有らしい。
世界ではホタルは森の妖精というイメージなんだって。



ほっ、ほっ、ほーたる来い。


うちの裏庭の水は甘いんですか?


短い夏の夜が更けていきます


おやすみなさい

2010-04-01

生誕100周年

090408_1727~01

今日は4月1日、エイプリルフールですね。
何か素敵なウソをつきましたか…?
日記では家族の話ってあまり書かないんですけど、
今日は10年前に亡くなった祖父の100回目の誕生日なので書いておこうと思います。
でも祖父の事は以前1度書いたかな?


有名なとか好きなミュージシャンとかの生誕100周年とかでもなんでもありません、
でも、私が大正、昭和初期の文化に興味を持ったのは祖父の若い頃の話がきっかけです。


祖父は1910年、明治43年 富山の山奥で生まれましたが、超未熟児だった為に親は多分育たないだろう…と出生届を出さずにいました。現在ではやってはイケないことですね(汗)
でも、小さくても生命力のあった祖父は、みるみるうちに大きく元気に育ってきたので、
だいたい普通の赤子の大きさになって、きりの良い4/1に出生届けを出したそうなのです。
本当の誕生日は2月で、祖父本人も何日なのか知りませんでした。
4月1日がウソの誕生日だなんて…と私は最初少しかわいそうに思いましたが、
祖父は全く気にしていないしエイプリルフールも知らなかったし、
むしろ身体が小さいのに生命力があったのを自慢にしていました。
昔っていいかげんだったんだな~と思いながら聞いていました。
というか、今に比べて子どもはたくさん生まれても育つには厳しい時代だったんですよね。


そんな祖父は11歳の時に東京へ行き、浅草の業平橋で銭湯を営む叔父のもとで働きながら勉強し、たまの休みの日に賑わう浅草の街を歩いた話をよく聞かせてくれました。
ほとんどが苦労話なんだけど、関東大震災で無くなる前の凌雲閣(十二階)や、 
手でハンドルを回してエンジンをかける自動車に乗った時の話とか、独立して自分の湯屋をもった時の話、初めて外国人(白人と黒人)を見て驚いた時の話、初めて背広を仕立てた時の話、戦争で中国に行っていた時の話…
戦後富山に帰ってきてくすり屋になってからの話…
とても苦労してきたんだけど、いつもユーモアたっぷり(ちょっと天然も入っていた)に話していました。


祖父の話から昔の東京の様子や今とは全く違う考え方や生活、文化が面白くてしょうがなかったです。それらはどんどん姿を消していって身近で感じるのは難しくなってしまいましたが、祖父を通して触れられたものに沢山影響をうけて今日の私があります。


祖父のことを思い出しているといつも聴こえてくる曲は藤山一郎の「東京ラプソディー」「私の青空」です、あえてエノケンでなくて二村定一の。


写真は若き日の祖父です。
たぶん、写真を撮ってくれた人が名前をサインしてくれたんだと思うけど、
Y.Mizuhashi (ミズハシ)になってしまっていました。
中学になってそれに気がついた私は、じーちゃんが間違気づいたらショックかも…!と思って
こっそり上からボールペンで Mizubayashi の ya を書き足してしまったけど、
今思ったらそのまま残しておけばよかった(笑)と思います。


4月1日の誕生日がウソである祖父の話でした。
笑える天然な話し方までくわしく書けなくて残念ですが。


じーちゃん、生誕100周年おめでとう~



プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代のジャズソングを自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。

    同年自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだ銀星楽団のオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表し、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年よりアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加中。

    2012年より活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動を開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も主催。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示