--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-07-19

黒船レディが、明日からカフェを始めます。

IMG_4297.jpg

久しぶりの投稿で、SNSなどもご無沙汰していました。
4月に girafe を卒業した後、私はカフェを開く準備をしてました。
長年の夢だったとかではないんですけど…(そういう言い方は変ですね。)
これまでいつも側に必ず存在していて、支えてくれていた「カフェ」または「喫茶店」という空間が私のその時代時代にありました。
嬉しい時、なんでもない時、人を待つ時、辛くて誰とも話せない時、特別につくった時間、よい音楽や本やコーヒー、またお店や街に出会いに。ライブを観に、また自分が演奏させてもらう時。
誰にとっても、特別な存在というカフェ、ありますよね。
昨年父が亡くなってから色々あって、たくさんのカフェに行って考えて、いつの間にか自分でカフェをやってみる運びになっていきました。
カフェから、よい音楽や企画が生まれるといいな、と思ってのチャレンジで、まだまだお店として試運転な感じがしばらく続くとは思いますが、ここが誰かの安らぐ空間や時間になれると幸いです。


場所は、富山県滑川市の海辺、江戸時代から宿場町として栄えた滑川宿の、瀬羽町にあります、明治時代から「ぼんぼこさ」という愛称で親しまれた大きな造り酒屋「旧宮崎酒造」です。
この建物は、国登録有形文化財に指定されていて、様々なイベントや映画撮影などに利用され、今でも親しまれているのですが、カフェはこの酒造内の奥、蔵の2階にあります。

もともと4年前から蔵をリノベーションした、「カフェぼんぼこさ」として営業されていたのが、昨年3月で閉店され、
この夏から地元のNPO滑川宿 街並み保存と活用の会を中心に、シェア・カフェとして7月20日リニューアルオープンすることになりました(先日15日、16日とプレ・オープンしました)。
店名は、「cafe うみいろ ぼんぼこさ」です。
本当は、何週間も前から宣伝して、様子をお伝えすべきところでしたが、怒涛のような準備の量と、予定通りの日程でオープンできるのか?果たしてわからない状態が続いていたので、混乱が起きないよう(おっかなびっくりとも言いますが笑)、ゆっくり始めさせていただこうと思って直前の公開です。すみません。

umiiro-card-cup.jpg        umiiro-postcard.jpg


私は、黒船レディとして、週3日、木金土よう日にお店を担当させて頂くことになりました。
2015年に、しゃみせん楽家さんの「くらいぶ」にてこの旧宮崎酒造に出演させていただいたのがきっかけで、昨年は「HOWA HOWA HOUR」もここで開催させていただき、何かとご縁のある場所になっていました。
歴史の息づくこの素晴らしい街並みと、旧宮崎酒造はこの界隈のランドマーク的存在として富山県東部でも注目を集めています。
8年前から毎年開催されている、「ベトナム・ランタンまつりinなめりかわ」もすでに県内ではよく知られるユニークなイベントで、滑川市の皆さんを中心に世界に向けて発信を!、とすごく盛り上がっています。
イベント応援ページは ⇨こちら (ぜひ応援してくださいね!)

IMG_4394.jpg     IMG_4408.jpg
オープン記念に向日葵をたくさんいただきました。


シェア・カフェとしてリニューアルオープンする「cafe うみいろ ぼんぼこさ」は、蔵の奥2階にあるので、じつは富山湾が一望できる素晴らしいロケーションなんです!
店内は、海の淵に建つ酒蔵ですが港町なので、船の操舵室をイメージしています。
船の窓から見える、毎日の海の景色、海の色は様々です。
そして、シェア・カフェとして、いろんなカラーの店主が曜日で替わっておもてなしいたします。
なので、「うみいろ」なんです笑。

IMG_4403.jpg


お店の売りは、素晴らしい海の眺め。
黒船レディが担当の木金土は「黒船屋」として、うみいろコーヒー、うみいろバーブティー、絶品ベイクド・チーズケーキ、週替わりのスープとカレーをご用意しています。
これは、プレ・オープンの時にお客さまが撮ってくださった写真。
「うみいろバーブティー(アイス)」は、タイ原産の青色の美しい花茶「バタフライ・ピー」です。
こんなに鮮やかな天然の青色が楽しめます。自家製うめシロップでグラデーションにしてみました。
絶品ベイクド・チーズケーキは、立山町のmukunkiさんが作ってくださってます。
一回食べたら忘れられない味です。
その他、まだまだたくさんの方がお店に関わってくださっているので、少しずつFacebookページの方でご紹介していく予定です。

IMG_4404.jpg

まだ自分ではほとんど写真撮れてないので、これからです(⌒-⌒; )
どんなお店になってゆくのでしょうか…楽しみです。
ぜひ遊びに来てください♪
そのうちライブやワークショップも企画します。
もちこみの企画も、ご相談くださいね。
どうぞ、よろしくお願いいたしま〜〜す。


cafeうみいろ ぼんぼこさ
〒936-0063富山県滑川市瀬羽町1680 (海側裏口) 2階
TEL : 076-476−0068
🅿️駐車場 約9台、旧宮崎酒造 裏手です。
正面からも裏からもお入りいただけます。正面からの場合は、建物の突き当たり奥の回廊までお進みください。

営業日:木金土日
open : 12:00〜日没頃まで

黒船レディは、木金土います。日曜は毎週ちがった色のカフェに!
日曜もどんなお店かチェックしてくださいね♪
詳細、変更、お問い合わせなどは、facebookページにて。
https://www.facebook.com/cafe.umiiro/
スポンサーサイト

tag : cafe

2016-01-01

2016年 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。。

「かぐや姫の物語」を観ながら年を越しました。


2015年にとても大きな出会いと、そして再会をいただきました。


2016年は、今まで慣れ親しんだものとは別な、
新しい世界へ足を踏み入れてみようと思っています。

みなさまにとっても、新しい年が、
輝きに満ちることをお祈りしています。
本年もどうか宜しくお願い致します。



黒船レディ 水林 史


2014-12-31

今年もありがとうございましたm(_ _)m

こんばんは。
間も無く今年が終わってしまいますが、やっとこちらも更新(⌒-⌒; )
このところあまりに一年間が早く過ぎる気がしていましたが、この1年はなかなかしっかりと長く感じられました。

特に、girafe のアルバム発売〜発売記念ライブを各地で出来て、たくさんの方にお会いし、応援いただきました。
本当にありがとうございました。

音楽活動の大きな動きは前半に集中していて、後半は体調を崩したりなどもしましたが、今年も、遠くても近くても周りに居てくださる方々のおかげで、ひと月ひと月丁寧に、四季の美しさも目に焼きつけながら過ごすことが出来きました。
感謝の気持ちでいっぱいです。


娘もまたこの1年で成長して、共有出来ることがますます増え、楽しくも絆の深まりを実感出来ることがより多かった気がします。
娘が元気で1年過ごしてくれたことにも感謝。


来年も、また新しく取りんでみたいことをちゃんと実行にうつせるように、毎日を丁寧に過ごしたいな、創作の時間を増やしたいなというのが目標です。
音楽活動の方は、新しいことももちろんですが、自分の歌の原点を見つめ直すようなこともしてみたいな、ともちょっと考えています。


またいろんな場所で皆さんにお会い出来るのを楽しみにしています。
来年もどうぞ宜しくお願いします(^^)



2014-04-08

マイ三味線を修理に出す




先日、2月に親子向けライブ「春を待つ音」を開催させていだき、共演もしてくださった濱谷さんの「しゃみせん楽家」にお邪魔して来ました。
富山も今桜が満開ですが、しゃみせん楽家の店内も花で溢れていました。


実は、マイ三味線を修理に出しに来たのでした(ドキドキ)。
大学の時に、三味線が弾いてみたくて、友人と古道具屋で見つけたバラバラの三味線を買って来て組み立てました。
皮をはるのが自分たちでは出来なかったし(猫好きだし涙)、お金もないし、維持の仕方もよくわからなかったので、琵琶を真似て三日月ホールを開けた板を貼り(すごく苦労したし時間かかった)、こまも手作りしてみたのです。
学生時代ってなんてヒマだったのかしら?その時はその時で忙しく頑張って作ったつもりだったけど、今は真似出来ないな(^^;;
でも、結局貼った板が固すぎて?あまり鳴りませんでしたT_T

すごく苦労して作ったので手放せず、ずっとインテリアとして飾っていましたが、富山に戻って、しゃみせん楽家を知り、三味線屋さんでもとても自由な発想で活動していらっしゃるアーティスト濱谷さんに出会って、また三味線を弾いてみたいな...と思いました。
(まだ1度もまともに弾いたことないですけど!)

その、インテリア化してる三味線見せてみて、って言っていただいたので、楽家へ持ってきました。
棹は昔の木(これは紫檀)を使っているから素材は良いそうで、弾けるように修理していただくことになりました。
こんな状態の三味線を見せるのはちょっと恥ずかしかったのですが(^^;; どうせだから面白い三味線に仕上げよう♪と提案いただいて嬉しかったです。


どんな三味線になるのかとても楽しみです♪(^^)




2013-12-19


昨日、眼の検査の帰りに、先日から行きたいと思っていたお店、岩瀬町にある「しゃみせん楽屋」さんに行くことができました!
写真は、店主さんの濱谷さん。
三味線や、さんしん(沖縄の楽器)を弾き語りされる素敵なアーティストでもいらっしゃいます。
色んなところに出演されているので、もしかして観たこと(聴いたこと)ある人もいるのでは。

先月、沖縄の民謡を唄い継ぐお婆さんたちのドキュメンタリー映画「スケッチ・オブ・ミャーク」の上映会を、しゃみせん楽屋さんが開催していらっしゃったことで知りました。

訪ねて早々、濱谷さんが さんしんの弾き方を教えてくださいました(*゚▽゚*)
さんしん初めて触った〜🎶
すごく温もりある音〜!
自分で弾いて、体感するとよりわかるんだなあ。
そして、ウクレレみたいに気軽に始められる楽器なんだな〜っていうのも分かりました(゚o゚

そして、濱谷さんのさんしん弾き語りで「花」(喜納昌吉さんの曲)を、私も一緒に歌わせてもらいました。
嬉しい〜🎶

色んな楽器とのコラボもしているそうです。
今度何かご一緒できたらいいなぁと思いました。

三味線や三線を生で聴く機会はそんなに多くないので、娘はじめ、こどもたち、色んな人と聴きたいなーと思いました。

もちろんお稽古も初心者から出来るし、缶を使って自分で作って弾く「カンカラ三味線」キットもあるそうです。すごく面白そう〜
大人だけでなく、子どももたくさん習いに来てるんですって。
是非みなさんも行ってみて〜

濱谷さん、ありがとうございました(^o^)
素敵な出会いの日になりました〜(^^)
お店のページはこちら↓
https://www.facebook.com/pages/%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%BF%E3%81%9B%E3%82%93%E6%A5%BD%E5%AE%B6/129985653734357

プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。