--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-08-15

9月〜10月のライブ

久しぶりの投稿です。
今年の富山の夏は雨が少ないです。全国的にかな?
暑すぎて体調がおかしかったり、娘のもらってきたおたふく風邪とか(´ェ`)しばらくありましたが、しっかりと夏を楽しんでいます。
夏休みは、大仏さまが見たい!とかねてからのリクエストで、奈良〜京都へ行ってきました。
奈良へは中学以来の私も、いくつものお寺や仏像を改めて観て、深い信仰心からの美術の表現力とパワーに改めて感心いたしました。
この表現力の豊かさと、自然とともに生きている(生かされている)ことの実感、
本日もまた、その気持ちを改めて思い出しながら、娘の夏休みの宿題も見つつ、書いています。


この夏の終わりから、新しい取り組みにも挑戦してみようと、ようやく動き始めることができました。
ご予定が合ったら是非、ライブに遊びに来てください。




高岡クラフト市場街2016 〜街角POPsミニコンサート〜
■日時 9月24日(土)15:00開演
■場所 山町茶屋 tel:0766-25-1117
■料金 1000円(ドリンク別途)※ご予約・お問い合わせは、上記お電話からお願い致します。
■出演 ボーカル:水林史、ギター:地主直之、 ゲスト 笛. カリンバ:曽爾テラワキ
■Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/1173837569334075/

高岡クラフト市場街2016 チラシ




少しずつ自分のチャレンジの色々を、一緒に作ってくれる仲間が出来てきて、そこに秋の花を咲かせてみようと思える企画を、黒部市 宇奈月国際会館セレネさんからいただきました。
10月1日(土)夜、セレネ美術館の小ホールにて、コンサートをさせていただきます♪

私の名前がタイトルではありますが、この水林史は、あくまで名前ではなくて、水と木々の歴史が織り成すような音楽という意味で、とらえていただけたら、と思います。
富山のギタリスト地主直之さん、飛騨高山から笛・カリンバ奏者 曽爾テラワキさん、そして関東からgirafeのベーシスト佐藤有介さんと共に、4人で織る、水と風と木々に住む不思議な妖精たちの音の世界をお楽しみください。

宇奈月コンサートチラシ表       宇奈月コンサートチラシ裏

水林史 LIVE 〜黒部市 宇奈月国際会館セレネ〜
■日時 10月1日(土)18:30開演  (18:00開場)
■場所 黒部市 宇奈月国際会館セレネ(セレネ美術館) tel: 0765-62-2000
■料金 前売り2000円 当日2500円(学生:高校生以下1500円、幼児無料)※ティータイム付き
■出演 ボーカル:水林史、笛. カリンバ他:曽爾テラワキ 、ギター:地主直之、 ベース:佐藤有介
■Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/1814602145475965/
■チケット購入 アーツナビ
■お問い合わせ 黒部市 宇奈月国際会館セレネ tel: 0765-62-2000

宇奈月は、総湯会館も新設され、新しい顔ができ、黒部市や「でんき宇奈月プロジェクト」による、小水力・温泉熱地熱・風力発電によるエネルギー利用の先進的な取り組みをしています。
是非この機会に、新しい宇奈月の街と温泉、私たちの音の宇宙を楽しみに、ちょっと旅しに来ませんか?
富山県内の方はもちろん、県外の方も是非、北陸新幹線であっという間ですよ♪
たくさんのご来場をお待ちしています!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

10月の宇奈月ライブ

ごぶさたしてます!朝日町の水野です(^^)
メールを送ったらアドレスが古かったようで届かなかったので、こちらにて。
今日、黒部図書館で10/1宇奈月ライブのチラシを発見しました。
おお、とうとうこっち方面にもきてくれるんだね!と興奮したよ(笑)
当日、楽しみに行かせてもらいますね。

10月の宇奈月ライブ

水野さん! 返信が大変遅くなってごめんなさい!お元気ですか?
宇奈月のコンサートのチラシ見てくださってありがとう♪
素敵な場所で演奏できるの今からとっても楽しみです。
ぜひお待ちしてます!
プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。