2010-11-15

韓国のCFに採用されました♪

もうちょっと詳細もらってから発表しようかな…とのんびりしていたのですが
先月、アルバム「黒船レディと銀星楽団」に収録の曲「Make Up! Swing」(作曲:廣田ゆり 作詞:水林 史)が韓国の車のCFに採用されました!!
もう4日前にリリー婦人(ピアニストの廣田ゆりさん)がブログで発表されているので知っていらっしゃる方も多いかもしれませんが、「Lacetti Premiere 2011」という、GM大宇の車のコマーシャルです
GMグループ・シボレーのブランドの韓国仕様車だそうです(ウィキペディアより)。


候補に挙がっている…というのもけっこう前に聞いてしばらく音沙汰がなく、どうなったのかな…と思っていたら、いくつかのアーティストの候補からみごと選んでいただけました
そして、詳細が欲しいですとお願いしてから更に約1ヶ月…出来上がった映像が送られてきました。


使用されてるのは冒頭のスキャット部分で、それに合わせて踊る美しい足、こどもの可愛い足、恋人たちの足、ハンモックに揺られる足、車の窓からのび出てきた足…(!?)そして海辺を気持ちよく走るラセッティ。
…と、とにかく色んな足がルンルン♪とリズムを感じて踊っている揺れている楽しげな内容でした。
公開はこれからなのですが、正確にいつからとはまだ聞いてなく(ほんとまだ映像だけしか見てないので)公開されたら You Tube とかで探せるかも…また分かり次第ご報告しますね。


それにしても海外で私たちの曲が流れてたくさんの人の耳に届くのはとっても嬉しいです!
反響あるといいな。
韓国人のお友達に知らせなきゃ、もしみなさんの周りにもいらっしゃったら是非宜しくおつたえください♪韓国に行かれるご予定のある方は是非見てきてくださいね。
ついでに韓国盤CDもお土産に買ってきてくださると嬉しいです(笑)


そうそう韓国盤ですが、詳細が結局よくわからないままこちらもサンプルだけもらったんです
お産直前にもらったのであわただしくしていてお知らせするタイミングをすっかり逃してしまって本当にスミマセン…
なんと紙のジャケットでなんだかとても手厚く取り扱っていただいてるのかな…と思いました。

韓国盤・1
外側と紙のCDケースです。可愛い…
韓国盤・2
内側です。

日本だと紙ジャケはプラケースよりお金かかってるけど韓国もそれは同じかな…?
タイトルはそのまま、外のデザインは同じで中が宣伝に使っていた3人の写真入り!
そして内側ポケットにブックレットと、日本盤の中ジャケデザインの赤色部分で作った紙のCDケースが入っていました。
ブックレットは歌詞のハングル訳&解説付きで、何て紹介されてるのかさっぱり分からないけど(誰か訳して~)、時々日本語と英語が混じってて、ジプシースウィングのキヨシ小林さん、Janet Klein、Anita O'Day、Blossom Dearie、テレサ・テンに、つじあやのさん、湯川潮音さんの名前が出てきました。そしたら何となく予想ついたけど。
Mocca っていうインドネシアのバンドの名前も出てきました。

韓国盤のレーベル名は beatball music で、09 rue PVILLE で登録されてます。
ちなみに以前ちょっと書きましたが、ボーナス・トラックに「Godfather's Walz」と「The Entertiner」が入っています。

ん~、CMの映像もはやくお見せしたいですな…!


ちなみに私はまだ韓国に行ったことがありません
やっぱりYou Tubeとかじゃなくテレビから流れてるのを見てみたいものですね。








2010-03-12

先日の日記書き直し~

前回の日記の後半半分が何故か消えてしまっていたので…(どうして!?)
書き直そう…!と思うのですが、正確に書いた事を再現できないので困りました。


先月末急に入院してしまったので事後報告となってしまいましたが、
昨年11月6日の活動休止前のライブ、渋谷JZ Bratでの映像を You Tube で一部公開いたしました。
少し時間が経ってからとなってしまいましたが、活動休止前最後のライブにお越しいただいた方にも
残念ながらお越しいただけなかった方にも記念に楽しんでいただければと思います。
これまでにアップしている映像もたくさんご覧板だけます♪

You Tube →

改めてレポートを書いていたのですが、書き終わりが見えなくなってどんどん日が経ってしまってしまいました
なので断念し…それよりは映像をみていただくのがイチバン良いか…と思い、
撮影いに協力してくださった松永さんに編集をしていただいたものをアップしてみました。
(松永さん本当にありがとうございました!)
照明の関係で少し見えにくいものもありますが、下の記事も合わせて是非ご覧ください。


アップした曲はこちらです、
Fun Time!
TSUBAME ~ 燕 ~
忘れ物 ~Do you knou what it mean to miss NewOrieans?~
亡き王女のためのパヴァーヌ
Polar Star
古本屋のワルツ
桃の花


当日の曲順やキャストについてはセットリスト→
リリー婦人が書いてくれたレポートはこちら→
You Tube のサイトで「黒船レディと銀星楽団」で検索していただいてもすぐ出てきます。
検索すると、私がアップしているものの他に Bandoneon のアルバムからの音源にアニメーションが乗っているものが見つけられると思いますが、こちらはこの日のライブでコラボレーションした映像を作ってくださった大野さんが個人的に期間限定で上げていらっしゃるものです。
内々に…というものなのでここではあえてお知らせしていなかったのですが、しばらくの間しか見られないそうなので
(そのうち別の形で改めて見られるといいのですが)、貴重ですよ~(あくまでこっそり)。


そして、セットリストを書いた日記になぜすぐ載せられなかったのかスゴく後悔しているのですが、
この日のライブに来てくださった方全員にささやかなプレゼントとしてポストカードをお渡ししました(写真)。
これは、チラシとともにイラストを描いてくれた marimari の作品です。
古本屋のワルツの歌詞「緑の布張りの表紙には…」というところから、緑の表紙の本から銀星楽団が飛び出してくるイメージを伝えたらなんとまぁこんなに可愛いイラストを描いてくれました。マリマリの作品はいつも大~好きです♪
(マリマリありがとう!!…今更でゴメン~)是非マリマリのHPをのぞいてみてください。 marimari→
kuforune13.jpg


今月はリリー婦人が新しいユニットでのライブをするそうです(こちら→)私はまだ観に行けないですが楽しみですね。



2009-11-08

~また逢う日まで~ 黒船レディと(ものスゴい!)銀星楽団

2009110611170000.jpg2009110621320000.jpg2009110621310001.jpg

金曜日は、とうとう活動休止前の最後のライブ
「黒船レディと(ものスゴい!)銀星楽団 ~また逢う日まで~」が終了しました。
本当にたくさんのお客様にご来場いただき無事成功できました、ありがとうございました!
ですが、お問い合わせキャンセル待ちをいただきましたが会場の定員を上回りました為にご来場いただけなかった多くのお客様には本当に申し訳ありませんでした


いままででも最も「ものスゴい!」感動のライブであったと思います…
まだ静かに興奮が残っている感じです。
まずはたくさん応援してくださったみなさんに、本当に心強いサポートをしてくださったJZ Bratのスタッフの方々に、そして長い時間をかけて一緒に頑張ってきてくれた出演者とスタッフのみんなに、
心からの感謝とお礼を申し上げます、本当にありがとうございました。
言葉ではとうてい言い表せませんが、人生でこんなにも素晴らしい瞬間をみんなで作り味わえたなんて、なんて幸せなんだろうか…とつくづく思いました。


前まで本当に無事に出来るのだろうか…?と思われる出来事が色々あり、苦しいところもたくさんありましたが、本番は楽しくて金曜が一瞬の夢であったかのような気持ちもあります。
少しずつレポートを書いていきたいと思いますが、まずはセットリストを。
あれもこれも色々やりたかったけど、今回参加してくれたミュージシャンが最高に光る内容に厳選しました…!
そして出演者とスタッフも紹介しましょう。


1st>
オープニング・アニメーション(w.パティシエ)
①鳥になりたい
②Holiday
③moon & mars
④色えんぴつのタンゴ
⑤Make Up! Swing
⑥クラゲというネコ
⑦亡き王女のためのPavane (w.アニメーション)
⑧Bandoneon (w.アニメーション)
⑨古本屋のワルツ
⑩Amapola
チェイサ-:Introduce Silver Stars Orchestra

2nd>
①C'est Magnifique
②いちばんほしいもの
③a Doodlin'Song (w.ゲストVocal:矢舟テツロー)
④Fun Time (w.ゲストVocal:矢舟テツロー)
⑤忘れもの
⑥Gumbo!
⑦Polar Star
⑧ツバメ
⑨上海
アンコール:Tristeza、
桃の花
エンディング・アニメーション(w.桃の花)


~ キャスト ~
Vocal … 黒船レディ … 水林 史
Piano / Toy Piano/ Merodion … リリー婦人 … 廣田 ゆり
Guitar … セニョ~ル・モリコ … 古森 貞之
Bass … クリスタル卿 … 玉木 勝
Percussion … プリンセス桜 … 則包 桜
Drums … チェルシー王子 … 大澤 公則
Flute / Tenor Sax … フェザーフェアリー卿 … 羽根渕 道広
Baritone Sax … ポールお兄様 … 菅野 浩
Trombone … アイアイ侯爵 … 相内 昭徳
Trumpet … むごん禅師 … 茅野 嘉亮

Guest Vocal …8282男爵 … 矢舟テツロー

DJ … 流星キラキラDJ群
(スウィング大佐・・・HIDE / クスクス隊長・・・ひげぼ / スタイリッシュ卿・・・佐藤彰)


~ スタッフ ~
アニメーション: 大野 一興
フライヤー・イラストレーション: mari mari
撮影: 松永 智司
メイク: 前肩 智恵子
協力: JZ Brat Sound of Tokyo、VIVID SOUND
企画: 黒船レディと銀星楽団、HIDE(SWING KIDs)


これだけたくさんのみんなと、お客さまの気持ちがひとつになったものスゴい!1夜、
内容のレポートまた書いていきますね
ひとまずは…
黒船レディと銀星楽団を支えてくださった全てのみなさまに心からの感謝とお礼を申し上げます!!





2009-10-27

お休み前ライブ第1弾終了…(; ;)

23日に、休止前ライブ第1弾、阿佐ヶ谷バルトにて
「阿佐ヶ谷Jazzストリート2009」が無事終了しました。
本当にたくさんのご来場ありがとうございました!!!
入り切れなかった方ほんとうにゴメンナサイ…!


これでしばらくお休み…という実感を忘れるくらい集中して歌っていたように思います…
もちろん7年間の色々な思い出が頭の中に浮かんでは消えていきましたが、
それよりも気持ちは落ち着いていてすごく楽しんで演奏できました
みなさんが温かく見守ってくださっていたおかげです、ありがとうございます。


1回のライブで代表曲ややりたい曲、また新曲など全て詰め込むことは出来なかったので、
休止前ライブの2回で代表曲以外は次の渋谷JZ Brat と殆どかぶらない演目にしました。
もちろん同じ代表曲も編成が違うので、そもそも全く異なるわけですが…
なので、両方お越しいただいた方は貴重かも知れません。


セットリストはこちらです
1st>
①the Best things in life are free
②moon & mars
③いちばんほしいもの
④You are the Cream in my Coffee
⑤色えんぴつのタンゴ
⑥パティシエ
⑦C'est Magnifique
⑧古本屋のワルツ
⑨雨~Rain~
※Intro…Silver Stars Orchestra

2nd>
①燕~TSUBAME~
②愛の引き算
③胸の振子
④On a Slow Boat to China
⑤Bandoneon
⑥すずの兵隊
⑦鳥になりたい
⑧Gumbo!
※China Town

アンコール>
リンゴの木の下で
もうない学校(Duo)


阿佐ヶ谷Jazz ストリートということもあったので、久しぶりにスウィングの曲も。
アンコールでは何年ぶりかに(多分4年くらい?) もうない学校 もやらせていただきました。
アンコールくらいになってやっと急に実感がわいてきてキューっと寂しくなったように思います。
それでも、楽しい気持ちの方が断然強かったなぁ…
実は、リハーサルの時の方が1曲1曲歌うごとに泣きそうな気持ちでした


航海日誌(HP過去のライブ記録)によると、銀星楽団でバルトに初登場したのは2005年4月29日。
先日で通算18回目のライブでした(20回までもうちょっとでしたね)。
なのでマスターの森谷さんには5年の間お世話になったわけで(MCでは4年って言ってた)、
毎回のライブだけでなく5年の間毎日のようにお店でCDをかけてくださって、
バルトで私たちを知ってくださった方は本当にたくさんいらっしゃいます。
バルトの常連のお客さまもみなさんとっても熱心に応援してくださいました。
そして毎回新しいお客様が何人もいらっしゃって本当に嬉しかったです。
各メンバーがライブ以外の日にふらりと遊びに行ってもいつも熱く語ってくださいました。
毎回お料理の美味しさにも元気をたくさんもらいました
森谷さん、本当にありがとうございますこれからもヨロシクお願いします。


これで終わりではないので、悲しかったりはしないのですが…
銀星楽団を結成して7年、お店でちゃんとライブをやり始めてから今年でちょうど10年で、
本当にたくさんの人に支えられてここまで続けてこれて、どれだけ感謝してもし足りないです。
どのような形やペースになっていっても続けていくことがいちばんの恩返しというか、
みなさんが想っていてくださることなんだなぁ…というのが改めてよく伝わってきた夜でした


温かい、心地よい風の吹く夜でした(お店の中は熱気で熱かったけど)。
心から、みなさんに、メンバーに、ありがとうございます… 



2009-10-25

緊急報告、満席で申し訳ございません!

本日は、取り急ぎ緊急のご報告のみでスミマセン!
11月6日のお休み前最後のライブ@渋谷JZ Bratの予約が、
昨日24日にて満席となり、只今キャンセル待ちの状態になっております。

沢山のご予約、お問い合わせ本当にありがとうございます。
しかしお店のキャパシティ、また全着席での会場設定のために
お問い合わせいただきました全てのお客様のお席をご用意できませんでしたことを深くお詫び申し上げますと共に、どうかご理解ご了承いただけますようお願いいたします。
本当に申し訳ございません。

只今キャンセル待ちとなってしまいましたが、それでもお問い合わせくださいます方には
引き続き JZ Brat 予約受付にて承っておりますので、ご連絡お待ち申し上げます。
予約お問い合わせ TEL:03-5728-0168
             E-mail :info@jzbrat.com


みなさまの温かく心強い応援に、メンバー一同心から感謝いたします。


プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示